食事療法について

癌という病気はストレスや不規則生活などから出てくるということをよく耳にします。
その中のストレスは、体に影響が出てきやすくなるため、がん細胞が増えていくということがあるようです。

ですが、ストレスを感じないということは出来ないもので仕事などをすると、そのストレスを感じるようになっているのです。
そのストレスを無くすことが出来ないのですが、ストレスなどからきた癌を食事などを徹底すると自然に治療することができるようになっています。
食事療法をすると、免疫が高まって、癌の病気をなくする可能性があり、たくさんの栄養を体に取り入れておくということが必要です。

すい臓癌になると食欲がなくなってしまうのですが、抗酸化物質を体に取り入れるということは簡単にできますよ。
それは野菜と果物をスムージすると栄養を取ることができるようになっています。

緩和治療について

すい臓癌は癌の中で発見が遅れてしまって、進んでしまうということがたくさんあります。
そのために、癌の腫瘍が見つかった時には、全体に広がっていたり転移しているということがよく出てきます。
また、すい臓癌の患者さんのなかには、たくさんの高齢者がいて、抗癌剤と放射線の治療が出来ないということがあり、緩和治療というものを行われます。

この緩和治療というものは、痛みを少なくして、苦しくならないような治療法の事を言います。
癌は体全体に広がった時に、体の骨にまで転移してしまい、神経などにまで、及んでしまうというケースが有り、そうなると、痛みが激しくなっていってしまいます。
その痛みを治療するために、モルヒネが投与されます。モルヒネというのは、鎮痛剤のなかではっきりとした効果が出る薬です。

抗癌剤治療について

癌の治療に主に使われているのが、抗癌剤というものです。
抗癌剤というものは、かなり強力な薬で癌細胞が分裂して増えていくのを抑えてくれるのと同時にそれ以外の通常に働いている細胞も攻撃されるために、吐き気や髪が抜けるなどの副作用に襲われてしまうことがたくさんあります。
また、癌のなかには、抗癌剤が効かないことがあり、癌の進行が早まってしまうということもありますが、生存率を高くすることができます。

抗癌剤の中には、塩酸ゲムシタビンというものがあります。それは、すい臓癌の治療に使われていて、週一回の点滴だけで済む薬が最近出てきています。
ですから、外来治療することも可能になっていて、自分で服用する事ができるものも出てきています。

無症状注意

すい臓癌は初期はほとんどが無症状で気づきにくくなることが多いのです。
その為もあるので、早期発見することが難しく、症状に気づかないまま癌が進行してしまうというものがたくさんあります。
すい臓癌が進んで入ってしまうと、食欲がなくなったり、体中の肌が黄色くなったりするなどの症状が現れてしまいます。

ですが、それは、すい臓癌だけではなく、他の癌にも言えることです。
特にすい臓癌などの癌は見つけづらいということが多く、診断することが不可能になっています。
無症状で手遅れになってしまうこともあるために、早期発見して治療を行なうためには、定期的に人間ドックなどを受診する必要があるのです。

CT検査について

先ほど紹介した超音波の検査ですい臓癌だと疑われることがあります。
癌だと疑われた時に、CT検査をすることがあるようです。
そのCT検査というもはX線というものを体に当てて、体の中の写真を取ることができるものです。

すい臓癌は、体の外でははっきりわからないことがあるので、これを使います。
また、CT検査を使うと、すい臓癌が進行して広がった状態や、腫瘍の大きさなどを知ることが出来ます。
それを更にはっきりするために、造影CT検査というものが使われます。
その検査は、体に造影剤というものを注射してはっきりわかるようにするものです。

そうすると、癌の転移先などを知ることが可能になります。そうして治療につなげることが出来ます。

超音波検査について

すい臓癌を見つけるには、先ほど紹介した、血液検査と今から紹介する超音波検査というものがあります。
その超音波検査はどういったものかと言いますと、体に超音波を当てていき、それを画像化していきます。
そうすると、体に負担をかけずに、体の中の膵臓などの様子を見ることが出来ます。

その時に、すい臓癌の症状の中で特徴な黄疸などがはっきり現れている可能性がありますが、その時点ではすい臓癌だとはっきりすることは出来ないので、消化器を中心に調べていきます。
早期に発見することで、その後の治療も良い結果につながりやすいです。